神奈川県川崎市多摩区で多摩川梨を作っている松屋梨園

梨畑の四季へ戻る

◆◇実がつきましたヽ(´▽`)/◇◆

     ■梅の実(2015年4月12日撮影)

       2月に開花した梅の花が散り、実がつきました。
       小梅です。詳しい種類まではわかりませんでした。
     

     ■梨の実

       今年は例年に比べ花粉付けの日数が少なかったので受粉できているか心配していましたが、
       そこそこ受粉できていたようで実がついてきました。写真は新高梨の実です。(2015年4月15日撮影)
     

       新高梨の実がさらに大きく育ってきました。半月でこんなに大きくなりました。(2015年4月26日撮影)
     

     ■梨の袋かけ

       梨の袋かけ作業を5月の始めから開始しました。5月始めの頃はまだ実が小さいので、カードサイズの小さい袋をかけます。

       今年は5月の15日過ぎにほぼ小さい袋をかけ終わったので、今度はその上からさらに大きいサイズの袋をかけ始めました。
       大きいサイズの袋には幾つか種類があります。
       幸水や豊水など早い時期に収穫される梨は1枚袋を使います。1枚袋は1サイズのみ。
       青梨や遅い時期に収穫される梨は2枚袋を使います。
       2枚袋の小さいサイズを使うのは、八達などの青梨。青梨は赤梨に比べて肌が弱いので虫に弱いため2枚袋を使います。
       2枚袋の大きいサイズを使うのは、新高や愛宕などの遅い時期に採れる梨です。遅い時期に採れる梨はサイズも大きめのものが目立ちます。

        2015年5月18日撮影。2枚袋が掛かっています

     ■スモモの実

       スモモの実も育ってきました。(2015年4月26日撮影)
       そろそろ摘果しないとなぁと旦那さんがつぶやいていました。
     

     ■収穫直前のスモモ

       貴陽と太陽の収穫が始まりました。(2015年7月22日)
       早く採りすぎると酸っぱいし、熟しすぎるとすぐに傷んでしまうので出荷出来ない。
       見極めが難しいです。
       左が貴陽。右が太陽。      

 

     ■あけみずと八雲

       あけみずと八雲の収穫が始まりました。
       八雲は古い木が一本だけなので収穫出来る数はかなり少ないです。
       収穫真近のあけみずと八雲です。(2015年7月22日撮影)
       左があけみず。右が八雲。      


 

ページのトップへ

copyright 松屋梨園 All Rights Reserved